【初心者必見】キッチン周りの機能について~冷蔵庫・パントリー・勝手口~

冷蔵庫

冷蔵庫置場

◆ 現在、販売されている冷蔵庫は、奥行650~700 が一般的

従って、キッチン内のアイテムとしては最も奥行があり、食器棚と並ぶと面がそろわない。
スペース効率を考えると、キッチンセットに並べるほうがよいが、冷蔵庫の分、配膳動線が長くなることがある。

一般的に冷蔵庫はキッチンセット内に置くが、ダイニングからの動線が長くなる位置に置くと使いにくい。

冷蔵庫の使い方を考慮すると、ダイニングから使いやすい位置が望ましい。

冷蔵庫コンセント

◆ コンセント位置は安全性を考慮して、ほこりがたまりにくく、水がかかりにくい高い位置とする。

ただし、冷蔵庫横に設置できる場合は、掃除機用としても使えるように低い位置(FL+200)でもよい。

冷蔵庫の開き勝手

◆ 冷蔵庫の開き勝手は、配置を決める上で非常に重要なので必ず確認する。

開き側に壁があると、使いづらい。
手持ちの冷蔵庫を使う場合、事前に説明が必要である。

壁にインターホン等があると、扉をいっぱいまで開けることができない。

搬入

あらかじめ搬入路をきちんと確保しておく。

幅3640以下の場合、冷蔵庫など家具の搬入路にインターホン等がある場合は、搬入時に干渉しないよう考慮する。

パントリー

◆ ほとんどの家庭で置場に困っている、あまり使われない調理器具、食器・泥野菜・不燃ゴミなどの収納に、パントリーが便利。

◆ キッチンもしくはダイニングに近接した場所がよい。

◆ スペース的に設置できない場合は、食器棚や家事カウンターで代用するが、奥行が浅く大型器具が収納できないなど充分とはいえない。

床下収納庫

◆ キッチンの収納スペースとして床下収納庫があるが、使い勝手を考えると、パントリーの方が望ましい。

床下収納庫を設置する場合、シンク前など、作業時間が長くなるような場所は、蓋ががたついたりしやすいため、絶対に避ける。

強い要望があれば、たとえばコンロ前等に設けるとよい。

勝手口

◆ ゴミ出しや飲料ケースの搬出入等に便利なので、勝手口を設けることが望ましいが、
その場合は土間を設けたい。

ただし、日常の作業動線から外れる位置に設けるよう注意する。

靴をぬぐスペースが外で不便。
下駄箱として収納を設けても、床に泥が落ちたりして使いにくい。

勝手口に土間を設け、靴をぬぐスペースを確保。
収納を土間横に設けることができるので、泥が床に落ちたりしない。

ドアの開き勝手

◆ 勝手口のドアは風(特に北西の風)に配慮して開き勝手を考えたい。

冬場の強い北西の風が吹き込んだり、ドアが急に開いたりして危険。
外壁に傷がつく可能性もある。

北西の風が強く吹いても、ドアに負担がかかりにくい。

タイトルとURLをコピーしました