【初心者必見】わかりやすいキッチンの設計~空間と配置~

キッチン設計上の注意点

◆ キッチンは奥様を中心に毎日、長時間使われる場所である。
また使い勝手の良し悪しは、好みや習慣などにより人それぞれ異なるので、事前によくヒアリングして計画する必要がある。

◆ヒアリングの際は、現状お使いのキッチンの良くない点について尋ねるのが、答えやすくてよい。
仮に、現在お使いのキッチンに満足されているとしても、より使いよいキッチンをご存じないだけかも知れないので、適切なプランを提案することができれば、信頼関係を築くことにつながる。

必要な空間

基本的な考え方

◆ 作業に必要な奥行を確保する。(ここでの「奥行」はキッチンセットと背面壁<家具>との距離をいう。)

→ 最低:800
→ 標準:1000

(複数で作業する場合は1000 以上を確保するのが望ましい)
ただし奥行がありすぎても、動線が長くなるだけで使い勝手が悪くなる。 最大1300 までとする。

冷蔵庫へ入れない食品類・台所用品の収納のために、パントリーを設けることが
望ましい

◆ キッチンの広さを考えるとき、作業動線・通路の確保も大切な要素となる。

◆ キッチン内での基本的な作業動線は、シンク・コンロ・冷蔵庫を結ぶ三角形(キッチントライアングル)で考える。

その三角形の大きさは、以下の範囲で設定する。

《キッチントライアングル》

A:シンク~コンロ → 1200~1800
B:コンロ~冷蔵庫 → 1200~2700
C:冷蔵庫~シンク → 1200~2000
A+B+C → 3600~6000

◆ 各間口(キッチンの短辺方向)寸法における、レイアウトの可否は下表の通り
である。

間口2045

◆ 通路の巾が800 とミニマムになり、レイアウトに注意を要する。

二世代住宅のセカンドキッチンや、狭小プランなどにおいてはこのケースも考えられるが、極力避けるようにする。

冷蔵庫同一面・壁付

●特徴
・振り返るだけの動作で、楽に食器棚や家事カウンターに手が届く。
・やや手狭で、圧迫感もある。
・複数作業には狭い。

食器棚や家事カウンターの奥行は、作業通路を少しでも広くとるため450 以下とする。
特に市販の家電棚(レンジ台)は奥行が大きいので注意を要する。

冷蔵庫背面・壁付

冷蔵庫を後ろへ下げるなどして奥行を確保する。

対面

・対面キッチンは極力避けるべきだが、お客様の強い要望がある場合は、左のような冷蔵庫の奥行を意識したプランにするなどの対応を要する。

間口2275

◆ 標準となる間口サイズ。1 人での作業は効率的にできるが、レイアウトによっては2 人での作業がしづらい場合があるので配慮を要する。

冷蔵庫同一面・壁付

●特徴
・作業する人の後ろを、別の人が通ることができる。
・食器棚や家事カウンターへも、一歩踏み出すだけで楽に手が届く。
・キッチンセットと食器棚の間に、圧迫感が少ない。

冷蔵庫背面・壁付

●特徴
・1人作業では問題ないが、複数作業だと冷蔵庫前がやや手狭となる。

冷蔵庫背面・対面

●特徴
・一般的な対面キッチンのレイアウトである。
・冷蔵庫が出っ張る分、通路がやや手狭になる。

間口2550

◆ 少し広めの間口サイズ。2 人での作業も余裕をもって行えるが、作業動線がやや長くなるので使いづらい場合もある。間口がこれ以上広いと、使い勝手が悪くなる。

冷蔵庫同一面・壁付

●特徴
・2 人での作業が余裕をもって行える。
・キッチンセット~食器棚・家事カウンターがやや遠く感じる。

冷蔵庫背面・壁付

●特徴
・冷蔵庫が出っ張るが、間口に余裕があるため2 人での作業に問題はない。

冷蔵庫背面・対面

●特徴
・冷蔵庫が出っ張るが、スペースに余裕があるため容易にすれ違うことができる。

タイトルとURLをコピーしました