「全館空調」のある暮らし方 タイムスケジュール編

「全館空調」の暮らし方 タイムスケジュール

◆家中快適な温度で過ごせると新しいライフスタイルが始まります

1: 真夜中の育児

夜のミルク時間も寒くないから安心。

【夜中もずっと おいしい家全体がじんわり暖かい! 】

赤ちゃんの育児は24時間です。
夜泣きで起こされることもしばしばあります。
そんなとき、外気温の影響を受けずに一日中安定した室温を保てる「全館空調」なら、夜中も暖かくて快適。身体への 負担も少なく済みます。

2:子どもと一緒にお風呂時間

冬のお風呂上がりも 湯冷めの心配がありません。

【ぽかぽかの脱衣所で 身体への負担を軽減! 】

お子さまとのお風呂は、髪の毛を乾かしたりパジャマを着せたりしている間に湯冷めをしてしまうことも。
「全館空調」なら、脱衣所まで暖かく浴室との温度差が小さいので身体が冷えにくく安心。
ヒートショックの心配も和らぎます。

関係記事はコチラ⇩
【住宅設計】ヒートショック対策の設計手法

3:家中を掃除機がけ

冷え込む日でも 掃除が辛くない!

【廊下も玄関も、家全体が ないちょうどよい暖かさに】

「全館空調」なら、部屋間の温度差をに抑える ことができます。
リビングから、廊下や玄関に出たときにひんやりすることもなく、冬の掃除も辛くないです。

4: 寒い朝の早起き

早朝でも室内が暖かく 布団から出やすい!

【寒い冬の朝でも 室内はぬくぬく快適】

冬の朝、布団から出られない原因の一つに、室内との温度差があります。
24時間室温をほとんど一定に保ってくれる「全館空調」なら、早朝からぽかぽか。
また、ウォークインクローゼットまでも 暖かく、ゆっくり洋服が選べます。

5:家族でパーティ

調理後の煙臭さが 気にならない。

【自動換気システムで クリーンな空気をキープ】

一種換気システムが、フロアの空気を2時間で入 れ替え。
常に空気を循環させることで、気になる臭いが室内にとどまることを防ぎます。
「ダイニングでホットプレートを使い、調理をし たあとも臭いが気にならない」という声も寄せられています。

6:赤ちゃんとのひととき

きれいな空気のなか 安心して子育て。

【赤ちゃんが吸い込む空気から受ける影響は、大人の約2倍! 】

「全館空調」は、風が穏やかでホコリが舞い上がりにくいのが特長。
さらに、「一種換気」では、アレルゲンを取り除き、 きれいな空気を保ってくれます。
アレルギー対策として有効に働くた め、小さなお子さまも安心でしょう。

関連記事はコチラ⇩
【つけて良かった!】「全館空調」で変わる住まいのカタチ 5ポイント
タイトルとURLをコピーしました