【バルコニー・外観】住宅のファサードデザインを整える

まず、外観を考えるにあたって

家単体ではなく、街の一部としてどう見えるかを考える。
要するにトータルでの視点が必要で、自身の住宅だけではなく、周りの環境も読み取り、そのうえで「調和」と「主張」のバランスをとることが大切。

① 建物単体ではなく、外構や周辺環境を含めて計画する。
② 周辺からどの様に見えるかを意識する。(メインファサード・高低差等を意識。)
③ 街の一部として考える。(街並みに調和した外観。)
④ 新築時だけでなく10 年後20 年後を考えた計画とする。

バルコニーによる外観

バルコニーは建物全体のバランスを考慮して大きさを設定する。

〔キャンチバルコニー〕

・総2階部に設ける場合はボリュームを確保し建物幅よりも小さくする。

・建物に入隅がある場合、見付面積(幅)の大きい方に設ける。

・バルコニーと総2階部は面を変える方が良い。

【その他のポイント】
雨除けの庇としても利用可能なように、玄関ドア上部に設置。
2階の各部屋から使用可能なように、南面に連続して設置。

〔ルーフバルコニー〕

・幅が大きくなる場合は、面を変えることが望ましい。

・建物に入隅がある場合、見付面積の大きい方に設けることが望ましい。

【ハイウォールバルコニー】
腰壁高さが通常より高いため、プライバシー性の高いバルコニー。

【インナーバルコニー】

・室内との連続性を強める、屋根のある半外部空間。
・日射制御を可能とし、外観にも変化を生み出す半外部空間。
・突然の雨でも安心な、屋根付の洗濯物干し場として利用可能。
・突然の雨でも安心な、屋根付の洗濯物干し場として利用可能。
・家事室を隣接させることで、家事効率UP。

【設計のポイント】
・袖壁により軒下空間と設置階居室のプライバシー確保が可能。
・スクエアな建物フォルムと合わせることで、シンプルですっきりとした外観を形成。
・1 階のインナーガレージなどと組み合わせることで、連続感と奥行きのある外観を形成。
・東西入りでスリットを設置することで、南からの日射を取り込むことが可能

関連記事はこちら⇩
【屋根・外観】住宅のファサードデザインを整える

タイトルとURLをコピーしました