【照明計画】誰でもわかるキッチン照明配置の基本

「住宅の間取りは決まったけど、照明の計画の仕方が分からない。」
「キッチンの専用照明って、通販じゃ売ってないけどどんなものがいいの?」
「料理をしやすい照明配置を教えてほしい。」

こんなお悩みや不安はありませんか?

照明の計画はハウスメーカーの営業、設計も実は後回しにしがちな部分です。
例えばインテリアコーディネータ等が専門的に話してくれればよいのですが、コーディネーターがいないハウスメーカーもあります。その中で担当者が電気配線図を提案してもそれが良いのかどうか判断がつかないものです。

ここではキッチンの照明配置を使いやすく効果的に出来るようお客様自身が判断できるよう、わかりやすく解説します。

キッチンの照明

シーリングライトによる照明計画

キッチンに吊戸棚があると、リビング・ダイニングスペースから視覚的に分離している場合があります、

その際はシーリングライトをベースライトとして使用することがあります。

吊戸棚のじゃまにならない薄型の器具が適しており、
キッチン全体を照らすものなどが望ましいです。

また調理台が棚下になっている場合は流し元灯を設置する。

ダウンライトによる照明計画

キッチンの通路部分は下図のように背面の収納と通路をまんべんなく照らそうという意識が働き、通路部分に均等に配灯することが多いです。

その結果キッチンの上のダウンライトと芯がずれて全体が散らばった印象になってしまうことがあります。

よく見かけるキッチンの照明配置

対応策として散らばりを制御する為には下記の様な配灯も考えられます。

中心へ集中して照明配置

W数を上げて台数を減らす

ダウンライト位置

キッチン部分のダウンライトはシンクの上で整理していくという方法が有効であると言われています。

通路上のダウンライトは吊り戸棚とカウンターの間を暗くしてしまうことがある為です。

シンク上にダウンライトを配灯した場合は、
逆に吊り戸棚とカウンターの間を明るくすることができます。

繋がった空間の照明配置

別々の機能を持つ二つの空間が重なり合っている連続空間は一般的に多く見られます。
(キッチンの場合LD、LDK等の事を指します)

単独の空間から配灯するのではなく、
連続した見えがかりを意識した配灯がポイントになります。

特にLDKの場合天井面の長方形の形が重なり合うことがあり、
リビングとダイニングのどちらの天井かがわからないあいまいなゾーンが発生します。

ここにダウンライトを配灯するとリビング照明なのかダイニング照明なのかがわかりにくくなってしまいます。

この場合あいまいなゾーンにあえてダウンライトをつけずにシンプルで美しい天井面をつくるという手法があるので、そちらを紹介します。

  1.  天井のかたちを見極めて「あいまい」なゾーンをチェック

天井面の長方形が重なり合う部分はリビングとダイニング、
どちらの天井かがはっきりしない「あいまい」なゾーンである。

ここにダウンライトを設置するとリビングの照明かダイニングの照明かがわからなくなる。

「あいまい」なゾーンに配灯しないことで、
シンプルかつ美しくメリハリのきいた照明配置をすることができる。

  1.  分散でなく集中を心がける

ダウンライトとダウンライトの間隔は広すぎると間が抜けたイメージになりやすい。

分散させずに集中させると天井面もすっきりとし引き締まった印象になる。

連続した天井面に目をむけるとダウンライトの穴が気になり、
そのダウンライトの位置が芯ずれしているのも気になる。

連続空間の境界にある照明がどちらの空間に属するかがわからないので、
美しく見えないということも言える。

次に二つの空間に共有されるあいまいなゾーンに配灯するのをやめて、必要な明るさは確保した

上で天井面をすっきりと見せるよう工夫した配灯例。上質な雰囲気になっている。

まとめ

キッチンの照明はキッチン全体を照らすとともに芯をずらさず、全体をまとめた方が見栄えが良くなる!

\後悔しない家づくりは情報収集が大事/

※入力時間3分で完了
※家づくりに役立つPDFファイルがもらえる

じゅういち
じゅういち

私、じゅういちも「タウンライフ家づくり」を実際に活用してみました!
体験記はこちらです。
「タウンライフ家づくり」を使ってわかった、メリットとデメリット ※無料でこれはすごい

比較している人のイラスト(女性)

【照明計画】をもっと学ぶなら!

【照明計画】誰でもわかるリビング照明配置の基本
【照明計画】誰でもわかる階段照明配置の基本
【照明計画】 誰でもわかる吹き抜け照明配置の基本
タイトルとURLをコピーしました