【ハウスメーカーの設計が教える】失敗しない注文住宅のインテリア!!~寝室のしつらえ~

3. 主寝室

・空間全体の見栄えに大きく影響を及ぼすヘッドボード後ろの壁にポイントを置いてしつらえます。
くつろぎの主寝室をつくるポイント

ヘッドボード後ろの壁一面をしつらえる

①あかりで生み出す壁面のアクセントを楽しむ

A:ブラケット照明

壁面にアクセントを与え、雰囲気のある光の効果を生み出します。

B:アクセントクロス

・ホテルのように上質でスタイリッシュな空間を演出できます。
・空間に落ち着きとあたたかみをもたらし、素材感をアップさせます。

【設計のポイントと注意点】

❶ アクセントクロスは木目柄や濃色、柄物など好みに合わせて選びます。
❷ ベッドに入ってダイレクトに光源が見えない配置とします。
❸ ダウンライトは部屋の真ん中に集中させてすっきりとさせます。
❹ 照明は身体リズムに合わせて調光できるタイプがおすすめです。
❺ アクセントクロス面にスイッチ・コンセントを設置する場合は、色や配色にご注意ください。

②安らぎを生み出す間接光で光の陰影を楽しむ

A:アクセントクロス

2色のアクセントクロスを組み合わせて、高級感のあるスタイリッシュな壁面に。

B:コーブ照明

調光できるあかりの演出で光の陰影を楽しむ安らぎの眠り空間へ。

【設計のポイントと注意点】

❶ ベッドに入ってまぶしくないようコーブ照明がおすすめです。
❷ 夜間、足元を照らすダウンライトを使用します。
❸ ❶❷は身体リズムに合わせて調光できるタイプがおすすめです。
❹ 手元の明るさが足りないと感じる場合は、スタンドなどで明るさを確保してください。
❺ 窓やダウンライトは、ベッドに対しシンメトリーとなるように配置します。
❻ 2 つの窓の中央にお客様のお好みの壁装飾を配置してもよいです。
❼ アクセントクロス面にスイッチやコンセントを配置する場合は、色付きがおすすめです。

③木の素材感が生み出すくつろぎの空間を楽しむ

A:木調天井パネル・木調クロス

下がり天井に張ることで、空間にアクセントを与え、木の素材感が印象的なくつろぎ寝室へ。

B:コーブ照明

空間をやわらかく照らすあかりで安らぎの寝室に。

C:壁付収納棚

お気に入りの本やアロマなど、就寝前のひと時のための小物をディスプレイできます。

【設計のポイントと注意点】

❶ 下がり天井奥行は750 ~ 1,000 ㎜程度がおすすめです。
❷ 下がり天井・コーブ照明と内部建具やサッシとの干渉に注意してください。
❸ カーテンBOX がごちゃついた印象となる場合は、プリーツスクリーン等をサッシ枠内に取り付けるとすっきりまとまります。

タイトルとURLをコピーしました