【照明計画】誰でもわかる吹き抜け照明配置の基本

LDKのあかり:吹き抜けのある場合

ポイント

吹き抜けに持ち込む照明器具は一種類の方が美しい。

なぜなら、
器具の数が複数になる場合は同一面にそろえてレイアウトするとすっきり収めることができる。

ただし、
対面に美しい壁があれば振り分けても良い。

窓や手摺があり、照明を付ける場所が無い場合はLEDのダウンライトなどを利用し天井面から照明する方法もある。

その場合、吹き抜けの平面の中心と残された面の中心がずれていることが多いのでセンターを意識してダウンライトを配灯する。

ブラケットで照らす

アッパーブラケットの集中配灯により墜面を柔らかい光で包み、空間に奥行き感を演出する場合の写真である。吹き抜けが吹き抜けの無い側から見て器具が見えない位置に配灯することがポイントとなる。開口部の上部につける場合は位置のバランスに気をつけることが必要である。また取り付ける高さにも注意する必要がある。

器具を取り付ける高さに注意

壁面に取り付けるときには安全にランプ交換ができる高さにイスに乗って手を上げたときの高さを目安にしましょう。ただイラストのようなたれ壁に取り付けるときは器具が壁からはみ出さないように気をつけて。

建築との取り合いを考えよう

照明器具のデザインも大切ですが周りとの調和がとれていなければ意味がありません。壁面に器具を取り付けるときは窓や扉とのバランスに注意して配置しましょう。

タイプの違いを考える

ブラケットは透過タイプと不透過タイプのものの特徴を見極めて求める光をイメージし上手に使い分けることが大切です。

透過タイプの場合
〇メリットとして、明るく安心感があること、
×デメリットとして空間がうるさいこと。

不透過タイプの場合
メリットとして腰壁を生かせばしっとりとした明るさをとれること、
×デメリットとしては暗いのではないかという不安感がある。

2灯タイプのブラケットは器具をコンパクトに見せる効果があるため明るさを確保しながら室内をすっきりと感じさせることができる。

高天井用ダウンライトで照らす

2層吹き抜け空間にLED高天井用ダウンライトを配灯することで明るさを取る方法もある。

吹き抜け空間に適した高天井用ダウンライトで直下を照らしながら空間全体の明るさも確保する。従来ランプ交換ができないためこの場所にダウンライトという計画はしなかったがLEDの高天井タイプが登場したため可能になった。

天井高さの異なる空間が連続する場合(LDKや内玄関まわりなど)でも各天井に応じたダウンライトを組み合わせて使用することで同じ配光ピッチで同等の照度が得られる。

スポットライトで照らす

ダイニングテーブルを浮き立たせて中心感を作る。吹き抜けの墜面にコンパクトなスポットを設置しテーブル面を明るく照らす方法も考えられる。

インテリアファンを使う場合

インテリア照明として空間を演出しながら空気を対流させて快適な空間を作るインテリアファン。冷暖房器具と併用すればサーキュレーション効果で効率の良い冷暖房ができ省エネに役立つ。

インテリアファンの近くに重量の軽いペンダントを取り付けるとファンの風を受けてゆれてしまうこともある。またスポットライト等でインテリアファンを照らすと天井に影が出て暗い印象を与える。

インテリアファンの近くにダウンライトを取り付ける場合もインテリアファンのゆらぎで室内に動く影が生まれてしまうので注意する。
下図のa+b以上離した位置にダウンライトを設置すること。

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: image-22.png

ペンダントで照らす

広い吹き抜け空間には存在感のある吹き抜け用ペンダントが空間を引き締めてくれる。1灯で明るさをまかないシンプルかつシンボリックな雰囲気に仕上げてくれるペンダントは魅力的なライティングプランになる。

※吹き抜け用器具の取り付け位置メンテナンスがしやすいように手の届く高さに設置しよう。

【照明計画】をもっと学ぶなら!

関連記事はコチラ⇩
【照明計画】誰でもわかる階段照明配置の基本
【照明計画】誰でもわかるキッチン照明配置の基本
【照明計画】誰でもわかるリビング照明配置の基本
タイトルとURLをコピーしました