コスパ狙い目?!ハウスメーカーの企画商品4選 価格と特徴

皆様は何を基準にハウスメーカーと商品を決めるでしょうか?

全国展開している有名なハウスメーカーでマイホームを建てたいが、予算の都合で諦めている人も多いのではないでしょうか?

実際に資材高騰も加味すると大手ハウスメーカーであれば、坪単価70万円~80万円というのが平均相場と言われております。

その為、35坪の住宅でも建物の費用だけでも軽く2,450万円~2,800万円の建築費となります。

しかしながら、このようなハウスメーカーにも実は、坪単価70万円を切る商品もあります。

例えば、坪単価60万円という計算であれば、35坪の住宅なら2,100万円という計算になります。

坪数等も見直せば、諸経費まで全て込みで予算2,500万円程度でも十分に建築可能な範囲になり得ます。

ハウスメーカーの企画型住宅ってなに?

ではなぜ、大手ハウスメーカーで坪単価50万円を下回ることができるのか?これは非常に単純です。

企画型住宅とは、あらかじめ外装・内装ををパッケージ化して100~300ほどのプラン(間取り)が決められている住宅のことで、自由に間取りや仕様を設計することができない物件なのです。

工場による大量生産が可能になり建築コストを大幅に抑えることが可能になるのです。

そのため、基本性能はそこまで下げず、坪単価40万円~50万円でも建築することが可能という訳です。

注文住宅の醍醐味でもある自由設計を叶えることはできませんが、大手ハウスメーカーなので、保証やアフターメンテナンスも十分に期待できます。

マイホームには、何よりも安心が欲しいという方には、お薦めのプランだと思います。

コチラでは、各社の企画商品を確認することでお得に住宅を検討しましょう!

住友林業

フォレストセレクションBF

価格(公式ニュースリリース)

2000万円台~(58万円/坪)

プラン

1000プラン
※反転、間取の微調整含む

発売日

2017/11/10

商品形態

企画型商品

構造

ビッグフレーム構法

断熱性

UA値=0.41W/㎡K

ZEH

不明

外観

4つの外観デザインと4つのカラーバリエーション
4タイプの建物デザインに、ホワイト、ベージュ、グレー、ブラックの4色を組み合わせて外観を形成

バーチカルデザイン…木調のアクセントパネルで縦のラインを強調
ウッディデザイン…玄関ポーチの木調外壁等、木のぬくもりをアクセントにしたスタイリッシュな外観
シンプルデザイン…連窓による大開口サッシで、採光と開放感あふれるモダンな外観
モールディングデザイン…バルコニーや窓廻りのモールディングをアクセントのエレガントな外観

インテリア

5つのインテリアスタイル

スカンジナビア…あたたかみのあるチェリーの床に北欧のスタイルをコーディネート
ブルックリン…ウォルナットの床に遊び心を演出
フレンチ…オークホワイトの床に映える、大人のフレンチスタイル
リゾート…華やかなチークの床に、リゾートのようなくつろぎをコーディネート
ジャパニーズ…オークナチュラルの床に、匠の家具で落ち着いた雰囲気を

ダイワハウス

ライフジェニック(郊外)

価格(公式ニュースリリース)

1,978万円(67万円/坪)

プラン

89プラン

発表日

2019/11/1

販売手法

Web限定企画型商品

構造

軽量鉄骨構造

エネルギー吸収型耐力壁「D-NΣQST」採用

ZEH

標準

外観

10の外観デザイン

インテリア

5つのインテリアスタイル

ライフジェニックW(都市部)

価格(公式ニュースリリース)

2035万円(75万円/坪)

プラン

45プラン

発表日

2021/4/1

商品形態

Web限定企画型商品

構造

木造軸組

ZEH

標準

外観

8つの外観デザイン

インテリア

5つのインテリアスタイル

パナソニックホームズ

ヴェッセ

価格(公式ニュースリリース)

2,000万円台~
(67万円/坪)

プラン

120プラン

発表日

2021/4/22

商品形態

Web限定企画商品

構造

軽量鉄骨、大型パネル構造

断熱性

H断熱基準UA値0.6以下を実現可能

ZEH

オプションで可能

外観

3つの屋根デザイン3つの外観デザイン

インテリア

6つのインテリアスタイル

営業マンから提案するケースは少ない

このような企画型住宅に関しては、ハウスメーカーの営業マン側から提案してくるケースは多くありません。理由は、営業マンのインセンティブ割合や、利益率が低いことが挙げられます。

要するに企画型住宅では設計や工事の工数を抑えられることが、営業マンに対するノルマに反映しにくいことンある為です。

これからお家づくりを始める人へ

人生に一度のマイホーム。
失敗しないためには十分に検討することが重要です。

そして、まずはカタログでも把握することが出来ます。
なので、検討の一発目は是非展示場に行く前に調べてみてください

比較している人のイラスト(女性)

その理由は、

  1. 1日で多くても3社程度しか見ることが出来ず効率が悪い。
  2. グレードの高いモノばかり気に入ってしまい、冷静な判断が出来なくなる。

その為、まずは自分に合った判断基準を持つことが大切です。

ハウスメーカーがあなたの要望や希望に基づいて、家づくりに必要な「間取りプラン」「資金計画」「土地探し」を無料でご提案するサービスでは利用者満足度No.1タウンライフ家づくりがオススメです。

タウンライフ家づくりは簡単に複数の住宅会社にオリジナルの「家づくり計画書」を依頼することができます。

地域によって注文可能なハウスメーカーから一括で見積もり、間取り提案が無料で受けられます。

便利な時代ですから、最初が肝心の情報収集はお家で効率的に完結させましょう!

営業さんの電話攻撃は避けたい人は、「情報収集の段階です。連絡はメールでお願いいたします。」と記入すればOK。

《メリット》
●住宅展示場に行ったり、何度も複数の住宅会社に合わなくても、自宅で家づくりが進められる!●複数社のプランを比較・検討できる!

タウンライフHPより引用

●利用は全て無料!

カタログや間取り、見積り取得までなら無料なのでぜひ一度比較してみてください。

→→詳細はこちらです←←

\後悔しない家づくりは情報収集が大事/

※入力時間3分で完了
※家づくりに役立つPDF「家づくり計画書」がもらえる
〈いまなら、「成功する家づくり7つの法則」も無料!〉

じゅういち
じゅういち

私、じゅういちも「タウンライフ家づくり」を実際に活用してみました!
体験記はこちらです。
「タウンライフ家づくり」を使ってわかった、メリットとデメリット ※無料でこれはすごい

タイトルとURLをコピーしました