マイフォレストGSの商品特徴と価格・性能のまとめ(住友林業)

マイフォレストGSとは?

マイフォレストGSとは、中核商品の1つであり商品固定の仕様があるというよりも「何でもできる商品」といったイメージのマルチバランス構法主力商品。
・マイフォレストBF登場で、名称をGSに変更。長期優良住宅に標準で対応

HPより引用


MyForest[GS]|住友林業の耐震住宅・地震に強い家
住友林業の耐震住宅・地震に強い家「MyForest」。耐震構造にプラスして地震エネルギーを吸収する家をご紹介します。木造住宅、新築一戸建て、注文住宅なら住宅メーカー・ハウスメーカーの住友林業。ご家族の夢をかたちにする自由設計の家づくり。

商品の概要

特徴

マルチバランス構法を採用した、住友林業の自由設計2階建主力商品
・エネルギー吸収GSパネルを標準装備
・主要構造材における国産材比率70%超
・地震エネルギー吸収パネルを搭載

こんな方にオススメ

木造住宅を好む方

主な特徴

工法・構造木造軸組マルチバランス構法
外観モルタル吹付など
モジュール尺モジュール
天井高2,400㎜
坪単価54万円~
販売高い設計力を活かした提案が可能な旧主力商品
主力商品のBFへの移行により、年間500棟程度となっている
提案マルチバランス構法による設計自由度の高さが特徴
含水率15%以下まで乾燥させたを使用により、 変形に強い点も
デザイン外壁はモルタルやサイディングなど様々な仕様に対応するなど、
柔軟に対応できる
省エネ断熱仕様は更に向上させており0. 41W/㎡K以下とアピール。
自然の恵みを活かした設計手法「涼温房」も盛り込む
独自性日本の伝統的な木造軸組構造に最新技術を組み合わせて、進化を図った商品
現在はBFの陰に隠れた形にはなっているが優れた商品

性能まとめ

構造

工法木造軸組マルチバランス構法
構造材スーパー檜105mm×148mm 、120mm角など
耐力面材「きづれパネル」(モルタル時)
基礎鉄筋コンクリート布基礎又はベタ基礎
基礎パッキン立ち上がり幅 160mm
地震対策柱・梁・面材が一体化した高剛性構造
地震エネルギー吸収パネル

性能

外壁材・シーサンドコート、
・ジェイストンコート 、
・窯業系
・サイディングなど
屋根材コロニアルグラッサなど
床材無垢または挽板フロア
断熱材
(5・6地域)
Ua値=0.41W/㎡K
断熱
外壁
高性能グラスウール 24k 105mm
断熱
天井
高性能グラスウール 24k 105mm×2
断熱
押出法ポリスチレンフォーム100mm
推奨:アルミ樹脂複合+アルゴンガス充填Low-E複層
提案:樹脂サッシ+アルゴンガス充填Low-E複
換気 /換気24時間計画換気システム(第3種)
OP :全館空調「エアドリームハイブリット」
遮音外壁: D-35
二階床: L-70
OP:二階床 L-60 、LL -55 の高遮音仕様
健康仕様内装仕上げ、天井裏建材 、接着剤、壁クロスは
標準でF☆☆☆☆建材

仕様と他の商品と異なる点

【きづれパネル】

マルチバランス構法の要となる耐力面材
現在はBFにも採用

国産杉を格 子状に張り合わせたもので、同サイズの構造用合板9mmと比較した場合、約1.3倍の剛性 と6~7割の重さを実現。壁体内への通気性にも優れ、結露の発生を防ぐ

【シーサンドコート外壁】

モルタル+仕上材 「シーサンドコート」を標準採用
貝殻、砂、石など混入、吹付仕上げ

天然の土、貝殻、雲母、石など素材を融合した吹付塗装外壁。
炭素固定作用によりCO2削減効果有

【外構一体提案】

住宅だけでなく外構も含めた総合的な暮らし方の提案

子育て提案の庭「ハグクミの庭」や、用途や外観など様々な要素から木のプロとして適正な樹種を提案する。

【木質提案】

木質提案の例

オークやウォルナット 、マホガニー等の無垢フロアのほか、ウッドタイル、格子スクリーン、ハーモシーリング、木目調軒天等、室内外問わず幅広く木を活用

【ZEH】

「360°TRIPLE断熱」 UA 値:0.41
~高性能グラスウール、ポリスチレンフォーム床、 アルゴンガス入りLow-E複層ガラスを導入することで、ZEH+まで対応可能

まとめ

マルチバランス構法による設計自由度の高さが特徴の商品。

主力となったBF構法において “マイフォレスト ”の名前を冠した商品が発売され、区別のため MB構法のマイフォレストは “GSパネル”を意味する 「マイフォレスト GS 」に変更

住宅業界で10年以上販売店・本社を経験した私がハウスメーカーに対して思うことは、

「どれだけ商品開発に力を入れているか?」

です。結果的にお客さまに対する商品の考え方を共感しているハウスメーカーは長期経営が出来るからです。

そしてそれは、意外とカタログでも把握することが出来ます。
なので、検討の一発目は是非展示場に行く前に調べてみてください

その理由は、

  1. 1日で多くても3社程度しか見ることが出来ず効率が悪い。
  2. グレードの高いモノばかり気に入ってしまい、冷静な判断が出来なくなる。

その為、まずは自分に合った判断基準を持つことが大切です。

カタログだけなら無料なのでぜひ一度比較してみてください。

コチラからもハウスメーカー・工務店を比較できます。

\後悔しない家づくりは情報収集が大事/

※入力時間3分で完了
※家づくりに役立つPDFファイルがもらえる

住友林業の商品に関してはコチラ⇩
住友林業の商品特徴と価格一覧
グランドライフ(住友林業)
ザ・フォレストBF(住友林業)
フォレストセレクションBF(住友林業)
マイフォレストBF(住友林業)
タイトルとURLをコピーしました