新型コロナ以降のニーズとハウスメーカーの商品特徴

住宅購入検討者の「住まいに対する考え方」は新型コロナウイルスによって大きく変化したと言われてます。

首都圏などの都市部では、コロナ以降に郊外の土地が動いているという話があります。大きな話では、有名企業が東京都から地方へと本社を移すといった動きもあり、新しい世の中を見据えた動きも出てきているのも実態です。ただし、東京一極集中の流れはそこまで大きく変わっていないのも事実です。

コロナ過の住宅ニーズ

そんな中、住宅のニーズとしては地方移住などが活性化しているというよりは、動きが確認できるのは通勤圏の郊外化といったイメージ です。

会社としては、飯田グループオープンハウスなど分譲系大手が好調に推移してます。

分譲住宅はコロナ以前から堅調でしたが、コロナ禍が追い風になっている面も大きく、
➡在宅時間が増えたり、
➡通勤時間が減ったりしたことで、
【賃貸よりも広い住居スペース】が求められ、スピード対応+広さに対する価格優位といったことから好調に推移しているものと見られます。

このようなコロナ過での市場トレンドの中、住宅商品では在宅時間が増え、
自宅でいかに快適な時間を過ごせるか、また感染症対策によりいかに安心して暮らせる
といった視点を持った住宅商品が増えている。

!ハウスメーカー選びで後悔する人の多くは、『事前の情報収集・比較検討せずに契約』をしてしまっています!

確かに一社一社展示場を訪問して、営業と話し、設計のプラン提案を受けてると膨大な時間がかかるので、 多くても2~3社位を比較するのが実態です。

また、そこまでしてから各営業に断りを入れるのも気力と体力が必要になります。
※営業担当者によっては断られてからが営業だと思っているケースも少なくありません。

そのため、無料カタログ・プランの一括請求サービスを使えば、苦労や押し売り営業なども無く気軽にハウスメーカーを比較することが出来ますので、活用する事をお勧めします。

→→ハウスメーカーを比較するならこちら←←

ハウスメーカー の新型コロナ以降の商品の特徴

会社空気質の対応暮らし方提案
積水ハウススマートイクス
ファミリースイートおうちプレミアム
大和ハウス工業抗ウイルス・きれい空気提案家事シェアハウス
積水化学工業快適エアリ―レジリエンス100 STAY&WORK モデル
パナソニックホームズエアロハスおうち時間を楽しもう!
旭化成ホームズSOHO 働くと暮らすワークスタイル
住友林業エアドリームハイブリッド木の家ワーキングスタイル
ミサワホーム新型フロアセントラル換気3つのワークスタイルメソッド
医療施設の設計手法
三井ホームスマートブリーズTPOワークスペース・プチリュクス
家事楽動線

コロナ過提案は「空気質」と「暮らし方」の訴求

「空気室」

各社が注力するのは空気質+プランニングによる提案

空気質に関しては、これまで各社が得意としてきた①換気システム、②全館空調などを再訴求しているケースが多いといえます。

積水ハウス

積水ハウスでは、スマートイクスという次世代室内環境システムを新たに発売しましたが、これはもともとあった換気システムやプランニング提案を最適に組み合わせ、感染症対策を行うという提案。

公式HPより
積水化学

積水化学工業についても得意としてきた快適エアリーがコロナ禍でも有効ということで訴求しており、これに抗ウイルス対応フィルターを搭載させて進化させた「快適エアリー T-SAS(ティーサス)」を発売。

ニュースリリースより
パナソニックホームズ

パナソニックホームズでもエアロハスやHEPAフィルターの有効性に関する訴求を再強化。

公式HPより
関係記事はこちら⇩
エアロハスつけるべき?【メリット・デメリットで比較!】
大和ハウス

大和ハウス工業の商品開発のスピード感は早く、吸着性光触媒コーティングを一早く取り入れたが、これに加えもともと同社が提案していた空気浄化efを組み合わせて訴求。さらに、21年度からはこれらの仕様と全館空調「エアヒーリング」リビングフロア空調「エアサルーン」を組み合わせて発売。

このように各社、換気・空調に関する新設備や仕様を次々と投入しています。各社の営業マンのトークも、ウイルスや有害物質に対する説得力のある内容にアップデートされてきています。

「暮らし方」

大きなテーマの一つとなっているのが、テレワーク

三井ホーム

三井ホームの調査では「夫婦ともに在宅ワークの経験のある家庭(複数人での在宅ワーク経験者)では戸建の購入意欲が高い」といった結果を導き出している。

テレワークが進んでいるのは首都圏などの都市部エリアで、これ以外のエリアではそこまで進んでいないという話もあります。ただ、都市部へのマーケットシフトを鮮明にしているのが大手ハウスメーカーであり、自社ならではのテレワークスペースを提案することは多いと言えます。

「子育て」や「家事効率」 から 「家族中心のプラン」 にシフト

これまで暮らし方提案というと「子育て」や「家事効率」といったように、家での作業が多い女性の負担を減らそうといった提案が多かったが、最近の特徴として挙げられるのは「家族中心のプラン」を訴求するものが多くなりました。

積水ハウス

積水ハウスのファミリースイートではアフターコロナの生活を考慮し、在宅ワークやフィットネスといった要素を盛り込んだ「おうちプレミアム」も発売。

ニュースリリスより

背景には共働き世帯が増えていることもあるが、コロナ禍で夫婦ともに在宅時間が増えれば、当然家事や自宅での暮らし方も、夫婦や家族を中心に考える必要があるということになってきています。

まとめ: 時代やニーズに合わせた商品・ハウスメーカーか?

住宅業界で10年以上販売店・本社を経験した私がハウスメーカーに対して思うことは、

「どれだけ商品開発に力を入れているか?」

です。結果的にお客さまに対する商品の考え方を共感しているハウスメーカーは長期経営が出来るからです。

そしてそれは、意外とカタログでも把握することが出来ます。
なので、検討の一発目は是非展示場に行く前に調べてみてください

その理由は、

  1. 1日で多くても3社程度しか見ることが出来ず効率が悪い。
  2. グレードの高いモノばかり気に入ってしまい、冷静な判断が出来なくなる。

その為、まずは自分に合った判断基準を持つことが大切です。

比較している人のイラスト(女性)

カタログだけなら無料なのでぜひ一度比較してみてください。

→→詳細はコチラ←←

コチラからもハウスメーカー・工務店を比較できます。

じゅういち
じゅういち

私、じゅういちも「タウンライフ家づくり」を実際に活用してみました!
体験記はこちらです。
「タウンライフ家づくり」を使ってわかった、メリットとデメリット ※無料でこれはすごい

タイトルとURLをコピーしました