じゅういちのプロフィール│このブログに関して

「ハウスメーカーってなんでこんな高いの?」

「注文住宅って不透明なこと多いよね?」

「パートナーである営業や設計で完成度変わり過ぎない?」

あるお客様から契約後に言われた言葉。若かった私は営業担当者ということもあり、そんなお客様に対して

(注文住宅ってお客様次第で変わるんだからそういうもんですよ。それより、早く仕様決めて下さい)

と恥ずかしながら思っていた時期が多々ありました。

それから時が経ち、結婚をして営業から離れ、家を検討し始めたとき、妻から同じ事を言われ、注文住宅とはを説明している中で、

【注文住宅についてわかった気になっていた私】
【お客様に理解させてたと勘違いしていた私】

がいるとことにハッとしました。

恥ずかしながら、これがこのブログを書き出したキッカケです。

どうもはじめまして、大手ハウスメーカーで元住宅営業で現在は新商品の事業企画をしている、34歳で一児(女の子)の父の『じゅういち』です。

今回は私の自己紹介とこのブログで伝えたいことを書いていきたいと思います。

じゅういちの経歴

まずは私の経歴から、

■建築系の大学を卒業後、大手ハウスメーカーに総合職で就職

■ 当初、設計志望ではあったが配属は首都圏の新築住宅営業設計(設計もする営業のこと)として鉄骨住宅・木造2×4住宅の注文住宅・賃貸アパートなどを担当。
営業設計として6年(営業成績は全国表彰を1回、首都圏表彰を4回受賞)

■ ハウスメーカー商品の偏った業務から脱却したく、一般建築を知る為にデベロッパーに転職。
建築企画職として、ビル・マンション物件や戸建分譲住宅の企画設計、コスト管理を2年担当。
そこで一般在来工法を設計。(この時が一番『建築』を勉強したかもしれません)

■ 一般建築のフレキシブルさをハウスメーカーのシステムで出来たらと思ってたら大手ハウスメーカーで一般在来の新商品をやるということでそこに飛び込む

■ 現在は「手の届く上質」を自身のコンセプトとし、新規商品の事業から企画をしている⇦⇦ここからブログを開始

このブログで伝えたいこと

私がこのブログで伝えたいことは、

【初めて注文住宅を建てたいけど何からやったらいいかわからないという方に、後悔しないための情報】ということ

要するに、

  • これから住まいづくりを始める人や
  • いずれマイホームを建てたいと考えている人

に向けて、

  • 住まいづくりに失敗しないための話
  • 家を建てるうえで知っていた方が良い話

をメインに記事にしていきます。もちろん考えは人それぞれなので納得できる部分だけを抽出し、お役に立てていただければ幸いです。

私が発信する理由

なぜ私がこのような発信をしだしたかと言うと、

「住宅営業から離れた」という他ありません。

特に大手ハウスメーカーであれば、型式認定という特異な申請方法が主流ということもあり、一般的な建築申請すらしてないケースが殆どです。

要するに、自社の商品や競合商品に関して知識はあるのですが、その判断基準が一般建築というわけではなく、自社の商品になるわけです。

なので、どこまで行っても「一般的な」「中立的な」という言葉は自社商品の主軸があってこそなんです。(実際に私がそうでした)

その為、元はハウスメーカーで型式商品を知り、現在は一般在来工法の知識見聞を深めたから話せる事があると思っています。

もしご相談やご質問などありましたら、気軽にご連絡下さい!(^^)

タイトルとURLをコピーしました