【ネット・不動産等】土地探しの基本的な検索方法と意識する4つのポイント

はじめに

建築する上で最も大切なものの一つが【土地】です。

わたしが営業していたときも最も悩まされたのが土地探しでした。

(お客様からは、「ハウスメーカーは気に入ってるのに、土地が、、ない。」なんて言われることがしょっちゅうです)

人によっては一年以上余裕で探します

そもそも、

  • 希望のエリアに土地がない
  • 高い土地しかない
  • 土地も見方がわからない

というお客様が本当に多いです。

そんな方は、土地を探すに当たり、まず最初に希望土地の条件はなにか、そして優先順位を決めることが大切です。

とはいってもなかなか難しいですよね。

土地のことなんて考える事もなかなか無いので。

その場合はまず、住みたい家を考えましょうまずはそこからです。

① 住みたい家を考える

因みに大きくは、

  1. 希望の金額
  2. 希望のエリア
  3. 土地の広さ
  4. 地盤
  5. 周辺の環境

など

② 土地を探す方法を考える

そして次は本題の、土地を探す方法がを知り

、実際に探して下さい。

ちなみに、土地の探し方の

代表的な媒体のは4つあります。

1)ネットで探す
2)不動産屋で探してもらう
3)ハウスメーカーの営業に探してもらく
4)空き地の持主に直接交渉する

大きくは以上の4つです。

1)ネットで探す

まず、普通最初はネットで探すことが多いと思います。

  • SUUMO
  • at home
  • LIFULL HOME’S
  • Yahoo!不動産

などなど

でも・・・

まずほしい土地情報は見つかりません。

だいたいが、同じ情報ばかりで、狭かったり・立地不便だったり・建てられない土地の土地だったりおとり物件だったりと、殆どの方があきらめてしまうと思います。

2)不動産屋で探してもらう

そして、殆どの人はネットの次に不動産に行くかと思います。

希望のエリアと希望の土地の条件を出して、探してもらうことができます。

不動産屋は土地のプロなのでネットに無くて条件に合う土地をあてがってくれるケースも多いです。

主には売主から直接販売の権利を得ている土地があります。【専任媒介土地】

因みに不動産屋さんを回るなら複数の不動産屋さんをまわった方がいいです。

要はです。

ちなみに、専任の場合は各不動産屋で担当してる売主は違うので、不動産屋によって紹介される土地・おすすめされる土地は違うケースがあります。

3)ハウスメーカーの営業に探してもらう

土地探しと並行して建物を検討している方に有効なのは、ハウスメーカーの営業から土地情報を紹介してもらうことです。

知らない人も多いのですが、ハウスメーカーでも土地を紹介します。

なぜなら、土地がないと建物(自社製品)を売れないからです。

その為、ハウスメーカーの営業には不動産屋とのネットワークが強い人間がいます。

※因みに自社以外の土地をお客様が契約してもハウスメーカー側には1円もはいりません。だから無償で探します。

その代わりそこまでしてくれた営業をお客様は信じてくれて建物まで契約してくれるケースが多いです。

また、ハウスメーカーの営業が探して良いことは、トータルの金額を把握しやすい事です。

トータルとは建物を建てるまでの総額をキチンと検討します。

※特に土地に掛かる見えない金額(高さがある土地の追加工事、道路向きの弊害、地盤補強の有無、解体工事の有無)など、実は不動産屋さんが教えてくれない費用まで出します。

でないと、建物まで金額が回らなくなるからです。

あとは、建てられるプランもその場で検討します。だからおおよそどんなものが建つのかもわかるのです。

そして、ハウスメーカー毎に設計の基準があるのでそれに則って設計することができます。

なので、既にハウスメーカーを決めている、若しくは何社か絞っている方はこの探し方が有効です。

4)空き地の持主に直接交渉する

これは最もハードルが高いですが、実は一番いい土地を探せる可能性がある方法です。
 

やり方はちょっと大変ですが、

  1. 希望に近い空き地を見つける
  2. 法務局でその土地の地番を調べ、謄本を取り、所有者を調べる
  3. 手紙などでコンタクトと取って交渉
  4. お互いに希望が会えば、売買契約を交わす。(難しければ間に不動産屋を入れる)

という調子です。でも、これはとても難しい上級者向けです。

そもそも、土地の事も、建物の事も、ローンのことも知らない方が一人で動くのはあまりにも危険です。

ですから、出来ればこれも不動産屋、若しくはハウスメーカーの人間にアドバイスをもらいながら進めるのがよいと思います。

もちろん、看板がたっているケースもありますが、意外とおとり広告も多いのでご注意下さい。

以上が探し方でした。

最後に、

土地は見つからないとテンションも下り、自分は家が買えないんじゃないかと思うかもしれません。

ですが、実は殆どの方がそう思ってます。

それくらいに土地というのはないんです。

ですから、全てが満点の土地なんてものは天文学的確率の代物で、まず見つかりません。

だからこそ、条件と優先順位を決めることが重要です。

それ以外の事は建物の方でカバーしよう!という割り切りが大事です。

そして、それに見合う土地があれば即決が大切です。

全く同じ条件の土地は世の中に2つ存在しません!

あなたがほしい土地は他の人も欲しい土地です。人気があります。1秒でも早い申込をしてください。

【基本】ハウスメーカー営業が実践してる土地探し①

【基本】ハウスメーカー営業が実践してる土地探し② ~現地調査の仕方~

【基本】ハウスメーカー営業が実践してる土地探し③ ~設計GLの考え方~

【基本】ハウスメーカー営業が実践してる土地探し④~現地調査・細かな見方~

タイトルとURLをコピーしました