【住宅設計】子供部屋の成長に合わせた間取りレイアウトを考える

子供部屋の問題点

「子供部屋はどんなかたちがいい?」
「子供の成長に応じた広さはどのくらいで検討する?」
「情報設備は必要?」

こんなお悩みや不安はありませんか?

住宅購入のタイミングは人それぞれですが、中でも一番多いのが「子供が生まれたから」や「子供が成長したから」などの子供による購入動機です。
しかしながら子供部屋を用意する場合には大人の部屋とは異なり時間の経過に伴う成長の過程があります。

その為、ただの箱部屋を用意するだけの設計士も多く、意外とおざなりにされているのが、子供部屋です。
間取りの提案を受ける際には自分たちの暮らしにあった「子供部屋」の考え方を身に付けましょう。

ここでは子供部屋の基本的な考え方を理解して間取りの提案を受けた際にお客様自身でその間取りの良し悪しを判断できるよう、わかりやすく解説します。

設計上の注意点

成長にともない必要な子供室のスタイルも変わっていくので、将来への配慮が必要です。

子供の持ち物量は、年齢による変化は少なく、物自体の種類が変わる。
ただし小学校~高校が物が最も多くなります。

子供が小さいうちは1 室として使い、大きくなったら2 室に分けて使いたい、という要望は多い。
兄弟の数や現在の年齢、男女の別などをよくヒアリングしたうえで成長に配慮した子供室にしましょう。

子供が女の子2人の場合、大きくなっても2室に分けず広い1室のまま使うこともあります。

基本的なレイアウト

《コンパクトなレイアウト例》

収納前部の動作域と出入口通路を重ねると、スペース効率がよくなる。
※ただし、ドアの戸当りや、固定に要注意。

部屋の広さは同じでも、収納の向きや建具位置によって使い勝手が変わるので注意しましょう。

子供の成長への配慮

子供が小さいときは、子供室や寝室を1 室とし、
将来独立させられるようにプランニングも有効です。

《子供室 + 子供室》

あらかじめ各室に収納を用意したうえで、間仕切壁を造作して分ける方法

・容易に2 室に分けることができる。
・1 室利用の場合も収納が確保できる。
・将来的に再びオープンにする場合も、容易に実施可能。

将来的に収納物入をつくり2室に分ける方法

・1 室利用時に室内に収納ができない。
・将来、建具の仕様が変更されている可能性があり、出入口ドアと収納ドアの色の違い等がありうる。
・予め窓配置を考慮しておく必要がある。

可動間仕切収納で2つに分ける方法

・将来的に再びオープンにする場合、容易にできる。
・市販のものでは隙間ができる可能性が高い。(フィラー等の処理が必要)
・1室として使用時に、室内に収納がないため不便。
※ただし新築時に可動間仕切収納を用意し、当面壁面に付けて置いておくことで、収納不足を解消できる。また寸法に合わせてT字壁を設置しておけば隙間の心配もない。

隣接ドアの注意点

将来的に間に間仕切り壁を設ける前提で、出入口ドアを2 つ並べる場合、ドア同士が当たりキズがついたり、 開放(固定)できないなどの問題が生じる。

➡出入口ドアの間に、一部、小壁を設置することが望ましい。


《寝室 + 子供室》

子供が小さいうちは、主寝室と子供室を1 室で使うプランも有効

子供室の物入建具(デザイン上、出入口建具がよい)を設置したうえで、1室使用時にははずしておく。

将来的に物入を造作することで、音が伝わりにくい2室に分割できる。

閉じこもり防止への配慮

子供の部屋への閉じこもりを解消することは、
住宅を設計する者にとっても難問の一つだと言えます。

引きこもり・登校拒否のイラスト

例えば、
子供室を必要最小限のものとし、日常的に子供達だけで使うことのできるキッズコーナーやチルドレンルームを併設
することが考えらます。

位置によっては、ファミリースペースやセカンドリビングとしても使うことができる。
子供のためのスペースがトータルで大きく様にすることで対応。

通風の確保

下の図のようなレイアウトはよく見ますが、
中央の子供室は窓が一カ所しか設けられず、通風が悪くなります

中央の子供室は出入口を通風に使わざるを得ないので、欄間付ドアを使うのが望ましいです。

通風に関する、押さえておきたい3つのポイント

①住まい全体の通風と、各室の通風の両面から検討する。
②各室の通風は、原則として2面から行うものとする。季節による風向きの変化や風を遮る周囲の建物などの状況にも留意する。
③以前の住まいと比べて不満に感じることも多い。周辺環境の違いにも注意をする必要がある。

[注意点]
・2面開口の場合でも、窓同士が近すぎると部分的換気しかできない。
・窓同士が離れている方が、部屋全体の換気に効果がある。
・やむを得ず1面開口になる場合は、強制給排気も検討。
・住まい全体の通風を検討する際、引戸を活用することも視野に置きたい。

勾配天井・ロフト

勾配天井

勾配なりに天井を仕上げて、空間に広がりと変化を演出するのも有効。
また、トップライトを設ける場合、陽射しの関係上、北側以外は避けたい。
➡直射日光が強すぎる為

ロフト

小屋裏を部屋や収納として利用するのも、子供室にふさわしく楽しい空間になります。
(ただし天井高H=1400 以下とする)

・「思ったより天井が低い」という意見もありますので高さは確認する。
・ロフト内は温度が高くなりがちなので、事前に説明しておくとともに、換気扇や空調設備を設けるとよい。
・はしごを置くスペースも考慮しておく。

電気設備

スイッチ・コンセントの位置

◆ 情報コンセントの設置を検討する。(電話、TV、インターネットなど)

◆ 1 室につき2 口コンセントを3 カ所以上設置するのが望ましい。

◆ 子供室の場合、成長に伴ってレイアウトが変わっていくため、コンセントを1カ所に集中させずできるだけ分散させる必要がある。

照明器具

◆ 枕元の上にダウンライトを設けると、まぶしいので極力避ける。

空調設備

◆ 吹き出し口は、風がじかにベッドに吹きつけない位置に設ける。

◆ バルコニーに室外機を設置する場合は、騒音に注意する。

室外機に関する記事はコチラ⇩
『室外機・各種メーター類・LPガス・給湯器』の設備スペース計画の基本
タイトルとURLをコピーしました