【住宅営業が分析】パナソニックホームズに勝つためのポイント分析

商品性能

■シロアリについて

【ポイント①】
基礎の2回打ちによる継ぎ目は注意が必要!
土が露出していなくてもシロアリは侵入します!

【ポイント②】
シロアリが食べる部材が露出されていない、または使っていないことが重要!

■ 空調システム「エアロハス」について

パナソニックホームズは快適性ときれいな空気の両方を実現するHEPAフィルター搭載の全館空調システムは世界初であると説明し、
他社には真似が出来ない事を訴求する

① 全館空調機として初めて省エネ大賞受賞=省エネの印象UPさせた

→昨年末より「省エネ+快適性」を売りに販売活動をスタート。
(TVCMやSNS上でのPR等販促活動が増加)

HPより参照

② 高効率かつ少ない太陽光でZEH基準をクリア

●電気代が一般的な全館空調の約半分。

カタログより参照

全館空調と個別エアコンと比較し、エアロハスが高効率であることを訴求

●少ない太陽光パネルで、ZEH基準をクリア。

カタログより参照

大量の太陽光発電を搭載しなくてもZEH基準をクリアできることを訴求

③ 部屋ごとの個別管理が可能温度環境だけでなく、省エネ訴求も

●それぞれの好みに応じて部屋ごとの温度調整も可能にする。

カタログより参照

各部屋への風量を個別で調整し、温度を調整(暖房時-2℃、冷房時+2℃)。
各部屋に設置されたセンサーによって自動で風量調整を可能としている。

●室温の変化をキャッチし、温度を自動で調整

各室に設けられた温度センサーが、室温の変化をキャッチし、その情報をもとに空調をコントロール。
日当たりの変化等による室温の変化にも自動で対応します。

●個別制御と「セーブ運転」でいっそう省エネ

たとえば冬場の就寝時、布団に入って温まってしまえばそれほど暖房を必要としない場合や、
夏場にお留守番のペットのために冷房をする場合などは、設定温度より省エネに調整する「セーブ運転」にすることもできます。
部屋ごとの温度調整と「セーブ運転」で、エネルギーを効率的に使います。

④ 地熱利用の全館換気とセットにすることで、省エネと空気室の高さをアピール

カタログより参照

エアロハスの商品概要

2020年9月時点の概要

【推測検討】
専用商品ではあるため、同じ型番のルームエアコンは一般市場で入手できないが、末尾2文字のみ違う商品は存在している。
CS-807CXをベースに改良したしたものと推測できる
CS-807CXでは、、、
『冷房機能』30畳程度の空調
『お掃除機能』自動洗浄の機能は付帯している

〈対抗ポイント〉
・換気機能

エアロハスは第二種換気をベースにした第一種換気システムであり、熱交換機能を持たない
よって熱交換換気を行う換気の方が、熱効率が良く優れている

・冷暖房機能

エアロハスのヒートポンプユニットは建物規模に関わらず8kwの1タイプのみ

・空気清浄機能

エアロハスのHEPAフィルターは、現状市販品ではNo1の捕集率を誇る。
しかし、その性能と引き換えに、半年毎にたくさんのフィルターの交換を必要とする為、
多くのランニングコストがかかる。

・構造

大型パネル構造(F構法)は、小屋裏にエアロハス本体の設置スペースを確保出来ない
ため、装着不可、よって全館空調装着を前提とした商談に持っていけば、大型パネル
構造では対応出来なくなる

大型パネル構造(F構法)はエアロハス対応不可

■ 光触媒外壁「キラテック」について

<パナソニックの外壁について>

パナソニックホームズの売りである磁器タイルの「光触媒タイル(キラテックタイル)」はオプションの外壁です。
その名のとおり光触媒技術を取り入れ、タイル表面に付着した排気ガスなどの汚染物質を分解するという汚れ防止のメリットと、
ホコリやチリなどで外壁が汚れても自然に雨で洗い流すというセルフクリーニング効果があります。

「太陽光が当たらなければ、光触媒機能は作用しないのでは?」と思われがちですが、
日陰等の少しの光でも光触媒は作用し、雨水が当たるところであれば、セルフクリーニング効果でキレイに汚れは落ちます

壁の継ぎ目のコーキング部分の上から、紫外線の影響を受けにくい接着剤を塗布、
さらに、その上にタイルを貼り付けているため、コーキング目地補修を必要としないとのこと。
ただし、使用されている弾性接着剤の耐久性は60年とされています。

パナソニック訴求ポイント

キラテックの表面に光が当ると、セルフクリーニング効果で汚れを分解。そこに雨が降ると
汚れを落とします。塗替えの必要もなくメンテナンス性に優れた外壁材です。

〈対抗ポイント①〉

光触媒の主成分は「酸化チタン」という成分で、日焼け止めなどに使用される物である。
特殊な技術を用いて、タイルにコーティングされているが、表面強度は強くない

〈対抗ポイント②〉

光触媒は、①太陽光が当る事 ②雨が当る事 で効果を発揮する為、
北面や、軒下などの雨が当らない箇所は効果が薄れる

関連記事はコチラ⇩
【住宅営業が分析】パナソニックホームズの販売手法

ハウスメーカー比較するならこちらも活用!

タイトルとURLをコピーしました