【ハウスメーカー別】騒音と床遮音のまとめ

暮らしをとりまく騒音

普段はあまり気にすることがなくても、いったん気になり始めると、とても不快に思えてしまう。

それが生活音や、外部騒音など暮らしを取り巻く音環境の特性です。

快適な住まいの条件の重要な要素である「防音性」

騒音は予想以上に日々の暮らしに影響を与えています。

床の遮音性は3種類に分かれる

3 種類の音性能すべてに有効な床構造を追求が必要。

❶重量床衝撃音
❷軽量床衝撃音
❸階間遮音

上下階間の遮音はJIS の定める三つの評価方法に分類されます。

それぞれの音のメカニズムを解析。最適な遮音性能の追求が必要です。

ハウスメーカー別 床構造

積水ハウス

ALC床パネル+吸音材

ダイワハウス

特殊防根ゴム(標準)※ALCと同等性能(オプション)

2階からの生活音1/2カット

住友林業

三層床構造にして吊天井、吸音材を組み合わせている

セキスイハイム

ヘーベルハウス

ANRフロア。合板・石膏ボード・ゴムアスマットなどを重ねて遮音性を高める

70dB→25dB

ミサワホーム

標準D-40。重ね構造D-50

重ね構造で100dB→50dB 1/2カット

パナソニックホームズ

ALC床

70dB→25dB

タイトルとURLをコピーしました