【ハウスメーカーの基本情報】坪単価に反映される?販売体型の違いとは?!

住宅を購入する際に、お客さまは工務店、大工さんなど検討しますが、

まず真っ先に検討するのはCMでも良く見る「ハウスメーカー」だと思います。

ハウスメーカーの中でも分類を分けられるのですが、

その一つに販売体制の違いというものがあげれらます。

販売体制の違い

ハウスメーカーでは大きく分けて2通りの組織体型が有ります。

  1. 製販一体型
  2. 製販別型

の二つです。

『住宅なのに製造?』と、思われる方もいるかも知れませんがハウスメーカーは建設業であり製造業です。

どういうことかというと、

住宅建設には大工さんが建てるという作業以外に、各部材(例 構造体 外壁 設備 等々)を造るという作業があります。

そして、この造るという部分をハウスメーカーでは担い、型式認定という国交省の認定を貰って一定品質のものを作っているのです。

なので大手ハウスメーカーの殆どは自社の工場を所有しております。

製販一体型とは

製販一体型とは製造元である本社と、販売会社が同じ会社の事を言います。

製造から販売まで一社完結の流れをしている会社です。

皆さんが思われているハウスメーカーはそんなイメージではないでしょうか?

例えば、積水ハウス 大和ハウス 等 が該当します。

製販別型とは

製販別型とは、製造元である本社と販売会社が別の会社の事を言います。(資本関係があるもの、ないものどちらも含む)

なので、近くの展示場に行った際に、ハウスメーカーの会社名に地域名などが書かれているとそれにあたります。

東京○○(株)、大阪○○(株)(○はハウスメーカー名)

例えば、セキスイハイム トヨタホーム 等が該当します。

どちらがどれだけいいかという訳ではありませんが、製販別の会社では一企業内での収益を考える為各販売会社で販売粗利(利益額)が変わります。

なので、「同じ商品、同じ間取りなのに、隣の県で買ったらとっても安い」なんてことも多くあります。

(営業しているときは隣の同じメーカーで違う販売会社の人と競合することもしばしば、、その際は100万以上の価格差がつくことも、、)

もちろん、製販一体でもエリアで営業所別れしているため、同様な事はありますが結局は同じ会社なので製販別の会社ほどの価格差は生じないのが現状です。

なので、もし製販別の会社を検討されている方がいらっしゃったら是非、隣接の販売会社へも行ってみるといいかと思います。

!ハウスメーカー選びで後悔する人の多くは、『事前の情報収集・比較検討せずに契約』をしてしまっています!

確かに一社一社展示場を訪問して、営業と話し、設計のプラン提案を受けてると膨大な時間がかかるので、 多くても2~3社位を比較するのが実態です。

また、そこまでしてから各営業に断りを入れるのも気力と体力が必要になります。
※営業担当者によっては断られてからが営業だと思っているケースも少なくありません。

そのため、無料カタログ・プランの一括請求サービスを使えば、苦労や押し売り営業なども無く気軽にハウスメーカーを比較することが出来ますので、活用する事をお勧めします。

ハウスメーカーを比較するならこちら⇒⇒

坪単価を考える
【坪単価】て、実際どこまで含んでる?本体価格とは?

タイトルとURLをコピーしました