旧耐震基準と新耐震基準の違いってなに?

旧耐震基準と新耐震基準の違いってなに?

何度も大きな地震を経験している日本では、建築基準法においても耐震性は重視されている。

・1978年の宮城県沖地震を機に抜本的に見直され、 1981年(昭和56年)関東大震災級の地震に対して安全な様に基準が定められた。

旧建築基準法と現行の建築基準法の比較

建築年代昭和55年(1980年)以前昭和56年(1981年)以降
建築基準旧建築基準新耐震設計基準
(現行建築基準法)
規定地震震度5までの中小地震に対応震度7程度の大地震にも対応
中地震に対する安全性構造計算で確認構造計算で確認
大地震に対する安全性余力に期待構造計算で確認
想定される最大地震力建物質量×0.2建物質量×1.0

大地震が起きると、旧基準で建てられた木造住宅の約85% は大きな被害を受けると想定されている。

具体的に問題となるのは下記のような点である。

   =横からの地震力を受けたときの安全性
柱・梁 =固定金具を使っていない場合の接合部の安全性
基礎  =建物を支持できることに対する安全性

また、震源から離れていても、軟弱地盤であれば揺れが大きく、被害を受けやすい点も問題である。

新耐震基準は、建物にある程度の被害が出てもいいが、建物の中もしくはその周辺にいる人に被害が出ないようにすることを目標とした内容となっている。

さらに、地震によって建物にかかるであろう力の大きさの算定方法も変わっている

建物の設計で使う建物にかかる地震力を算定する場合に、地震時の建物の揺れ方の性質や建物の建っている地盤の性質を加味するようになった。

そのため、実際に建物にかかる地震力に近いものを算定して建物の設計を行うことができるようになり、設計するにあたって旧耐震基準よりも正確に地震による力を見積もることができるようになっている。

また、偏心率が高いバランスの悪い建物は地震の力を受けるとねじれて壊れることがあるが、新耐震基準では、ねじれが起きないように建物のバランスをとって設計するという配慮もとられている。

新耐震設計基準による建物は、阪神・淡路大震災においても被害は少なかったとされている。

関連記事はこちらです
住宅の構造ってなんで大切?基本を学ぼう!
そもそも構造計算ってなに?!構造計算の基本

タイトルとURLをコピーしました