わかりやすい!換気と調湿の基本と対策

換気と調湿

換気の役割

換気には、空気を入れ換える事によって、・除塵脱臭排湿室温調整などを行う事も重要な役割です。

調湿とは

調湿性能とは、室内空気中の水蒸気の量を調整する能力のことである。

湿度が高すぎたり低すぎたりすると、下図に示すような問題が発生する。
湿度のコントロールは、健康にも大きく関わるものである。

ダニ・カビなどの繁殖

バクテリアやカビなどの有害生物の多さや呼吸器系の疾患と湿度には、下記のような相関性がある。

・カビ、ダニは、湿度が高くなると、急激に増加する。
・バクテリアやウィルス、呼吸器系の疾患は、湿度が40~60%から離れるに従い、増加する。

快適な湿度(40~60%)は、バクテリアやカビなどの有害生物が増殖しにくく、健康上も好ましい湿度である。

関連記事はコチラ⇩
「知らなきゃまずい」赤ちゃんにも有害なシックハウスの症状と対策とは…

インフルエンザ

インフルエンザウィルスの生存率と、温度・湿度の関係は図のようになる。

・高温、高湿に弱い(=夏に弱い)。
・低温、低湿に強い(=冬に強い)。

快適な湿度(40~60%)では、インフルエンザウィルスも生存しにくい。

関連記事はコチラ⇩
コロナ×テレワーク住宅を速攻進めたハウスメーカー5社

生活行為による水蒸気の発生

湿度は気候によるものだけでなく、生活行為によって発生する水蒸気が関係する。特に冬は低温で乾燥しているので、生活で発生する水蒸気の影響が大きくなる。

一般に日本人の場合、快適に感じる湿度は、夏は50~60% 、冬は 40~50 %と言われているので、湿度をこの幅にコントロールする事が求められる。

調湿の方法

調湿に は、次のような方法がある。

1) エアコン、除湿器・加湿器などによってコントロールする。

2) 計画換気により、湿気がとどまらないようにコントロールする。
※常時換気は建築基準法に定められている。

3) 調湿機能のある内装材を使う。

調湿機能 のある内装材

調湿機能のある内装材を用い、建材自身の働きでコントロールする方法もある。

「呼吸する建材」と呼ばれたりするが、調湿機能のある建築材料は一般に多孔質の素材なので、脱臭効果もあり、健康、快適性でのメリットが高い場合もある

これは材料の組成によって異なる。
材料の組成は、施工性やメンテナンスの容易さにも影響し、コストがアップしたり、汚れやすかったりするなどのデメリットもあるので、健康によいからといってやみくもに採用するのではなく、住まい手のライフスタイルなども考え合わせながら、どのような商品が適しているか判断し、アドバイスする姿勢が必要である。

空気は何よりも体内に取り入れる

人は飲料水2kg、食物2㎏を摂取し、そして約18 ㎏の空気を吸って生きている
※1回の呼吸量を0.6ℓ、1日の呼吸回数を2万5千回、1㎥あたりの空気の重さを1.2㎏として計算した場合(参考資料:東京都福祉保険局「室内空気中の化学物質についての注意点」

※体重1kg当たりで比較すると、子供は大人の2倍多くの呼吸量があります。
そうなると空気中の化学物質も子供のほうが2倍多く取り込んでしまう計算になります。

タイトルとURLをコピーしました