【怠慢社員を炙り出し】テレワークの真実

新型コロナウイルスの影響もあり、各社でテレワークが始まっています。

これにより浮彫にされるのが「働かない人」です。

コロナ ➡ テレワーク ➡ 働かない人のあぶり出し ➡ ??

テレワークは企業側からすれば新しい人事考課の指標。これを期に勤怠管理をシステム化して、働いてない人をあぶり出すことが出来ます。

そう、実は一番楽になったのは、企業側(人事)なのです。

都内の大手企業では、東京オリンピック・パラリンピックの開催を見据えて本格的な導人の準備をしているところも多かった。

しかしコロナ危機の影響で五輪パラリンピックは開催延期が決まり、それを待たすにテレワークは一気に広がった。新型コロナウイルスに感染した従業員がいると判明した電通をはじめ、感染リスクを回避する危機対応として大企業を先頭にテレワークへのシフトが一斉に進みました。

従業員の出社を原則禁止した会社もあり、ビジネスマンは強制的にテレワークを体験しています。

そして、このテレワークをすることで企業が気付いたのは、レガシー大企業にとりわけ多い「働かない社員」をあぶり出せるということ。

終身雇用制度下で会社に対して忠誠心を持って人生をささげた世代は、テレワークになじめなかったり、デジタル音痴だったりします。

もちろん、彼らを「働かない社員」「使えない社員」とひとくくりにはできないとはいえ、今回テレワークを体験した多くのビジネスマンは気付いているでしょう。

オフィスに来なくてもできる仕事はたくさんあり、オフィスに来るだけで仕事をしていない人がたくさんいるということ。

要するに、「コロナ危機をきっかけにテレワークを利用したリストラが加速する」と言えます。

私が経営者、幹部であれば、話題にあげるでしょう。

テレワークでは基本デジタル管理ツールを使って仕事を進めます。

  1. 勤怠管理
  2. 働きぶり

をデジタルデータで明らかにすることが可能になりました。

テレワーク導入によりテレビ会議が増える中、これまで社内での打ち合わせには参加していたのに、テレビ会議になると呼ばれなくなったメンバーは少なからずいるでしょう。

ドライに言えば、本当は必要なかったと切り捨てられたんだと思って下さい。

タイトルとURLをコピーしました