【照明計画】誰でもわかるリビング照明配置の基本

「住宅の間取りは決まったけど、照明の計画の仕方が分からない。」
「リビングってお客様も来るから、素敵な照明にしたい。」
「ダウンライトってどういう風に配置したらいいかわからない。」

こんなお悩みや不安はありませんか?

照明の計画はハウスメーカーの営業、設計も実は後回しにしがちな部分です。
例えばインテリアコーディネータ等が専門的に話してくれればよいのですが、コーディネーターがいないハウスメーカーもあります。その中で担当者が電気配線図を提案してもそれが良いのかどうか判断がつかないものです。

その為そんな照明計画、ここではリビングの照明配置を使いやすく効果的に出来るようお客様自身が判断できるよう、わかりやすく解説します。

リビング編

リビングではバランスのとれた照明計画が重要になります。

一家団らんのイラスト(大家族)

多目的に利用される場所なので、様々な用途に対応できるだけの照明が必要になる。つまり汎用性を持たせた照明計画が重要です。

リビング照明の重要点=汎用性を持たせた照明計画

リビングでの空間の機能・要素としては下記の生活行為が考えられる。

【誰でもわかる】リビング設計・レイアウトの基本

べース照明

ダウンライトによる照明計画

ダウンライト:多灯使いをすると主照明にもなる

器具自体に存在感のないダウンライトならどんなインテリアにも無理なく溶け込む。
➡人が集いたくなる雰囲気を作り居場所としての心地よさを演出する。

200~300mm開ピッチで2~3灯固めてテープルの上を明るくする方法がある。ただし平面の情報だけでむやみにダウンライトを配灯することは避けたい。

照明器具は天井に付くため、天井伏図の納まりを考えることが重要である。その基本は天井面の長方形を読み取り天井の中で美しく収めることを基本とする。

その場合集中と分散の違いを知ることが大切なことになる。

※平面図だけを基準に配灯

ダウンライトの間隔が開いて分散しがちになる

平面図上ではバランス良く見えても実際の空間の中で光のメリハリが無くなったり、
天井面が穴だらけになって結果的に空間がうるさく感じられてしまうことがあるので注意が必要である。

これに対し天井面での納まりを考えた配灯ではダウンライトは分散せずに集中して取り付けられる。

2灯ではひとつの点に、3灯では線となって存在しまとまりのある美しい納まりとともに効果的な光の効果が得られる。

集中させるときの器具の適切な間隔は埋め込み穴で想定。

ダウンライトの間にダウンライトが一つ入るくらいの間隔を基準とする

3灯使いの場合は2灯のときよりも間が詰まって見えるため、2灯使いと同じ空間で使う場合は50mm程度の追加の寸法を加えたい。

集中配置を勧めるもうひとつの理由(ただ明るさを求めるのか、美しい明るさを求めるのか)

分散

図面の見た目で配置すると、天井にボコボコ穴があく。
床も壁面も同じような明るさで照らされるだけ

集中

寸法をもって配置すると、天井に美しい形(線)が生まれる。集中された光が3倍に増幅され、分散配置では創りえない明るさが実現。

分散配灯では図面の見た目で配灯していくと天井面の穴が多くなり、床も壁もめりはり無く照らされている空間となる。寸法を考えて配灯すると天井に美しい形が生まれる

メリット

集中された光が上の図では3倍に増幅され、分散配灯では得られない明るさが生まれる

ペンダントによる照明計画

リビングテーブルやダイニングテーブルの上に光を集め、団欒の時の中心感を作る。

テーブル面や天井のみをしっとり明るくする場合は、透過タイプを用いる。

非透過タイプはテーブルの上のみを明るくし、集中した雰囲気を作るが、天井面は暗くなる。

小型のペンダントを多灯使いとして、テーブル面を照明する方法もある。

ペンダントであかりたまりを作る場合もある。

・ペンダントはダウンライトやシーリングに比べて、灯具が下がり明かりが下にくることで集い感が高まる。
・照明器具は上にいくほど集い感が薄くなり、下にいくほど集い感が高まる。

ただし、灯具が下に来る場合ほど器具の印象も強くその下にセンターが合うようにリビングセンターテープルがくるなどレイアウトに注意が必要である。

灯具の下に家具が来れば頭をぶつける危険性も薄れる。

ペンダントの取付高さは、
◆一灯吊りの場合はテーブル面からH=600~700mm、
◆多灯吊りの場合H=500~700mm

くらいが美しい。

現在は、大きめのペンダントを吊るのが流行しており、そのセードの美しさを見せるためにも低めに取り付けたい。

シャンデリアによる照明計画

シャンデリアを選ぶ場合は当然部屋のセンターにつけることになる。いわゆる1室1灯になりがちなので注意が必要である。

その場合四隅にダウンライトをつけるのが従来のセオリーであったが、リビングの四隅にダウンライトを配置する場合は、まず壁掛けエアコンを照らしてしまうことが多い


また南側掃きだし窓のカーテンレールも照らす。そして部屋の内側のダウンライトはリビング建具も照らすことになる。

四隅ダウンライトのデメリット

単純に部屋の明るさだけを考えるこの四隅ダウンライトは意外と部屋の美しくない部分を照らしてしまう計画

シャンデリアに四隅のダウンライトではなく建築化照明・プラケット・スタンドなどインテリアスタイルとお客様の要望に応じたバリエーション豊かな照明プランを考えることが必要である。

シーリングライトによる照明計画

シーリングライトをつける場合もシャンデリアと同様である。

【照明計画】をもっと学ぶなら!

関連記事はコチラ⇩
【照明計画】誰でもわかるキッチン照明配置の基本
【照明計画】誰でもわかる階段照明配置の基本
【インテリア・照明】 吹き抜けの照明計画
ちょっと待って!ダウンライトだけのリビングルーム - 照明専門店 シバタ照明ブログ
タイトルとURLをコピーしました